キッチンのタイプ

キッチンには4つのタイプがあります。1つ目は、オープンキッチンと呼ばれるもので、来客が多く、皆でわいわいとホームパーティなどをするのが好きな人に向いています。大勢でキッチンカウンターを囲めるため、皆で料理をしながらパーティをすることも可能です。親子でケーキやパンを作るのが好きな人たちにも向いていると言えるでしょう。2つ目に挙げられるのは、セミクローズドタイプと呼ばれるものです。このタイプは、整理整頓があまり得意ではなく、来客時にキッチンの収納などを見られたくない人に向いていると言えるでしょう。特に、調理後のシンクやコンロは汚れが目立つものです。

そういったものを隠しておきたい人にぴったりなのが、カウンターやハッチがほどよく隠してくれるタイプがいいでしょう。3つ目に挙げられるのが、対面キッチンと呼ばれるものです。このタイプが流行しはじめてから、もうずいぶん経ちますので、自分の家が対面式キッチンだという人も多いのではないでしょうか。もっと以前には、クローズドタイプと呼ばれているものが主流でしたが、そのタイプだと、台所で作業をしている時に、なんとなく孤立感を感じてしまい、家族との一体感がありません。調理中も家族と会話したい人が、家族の会話に参加しながらキッチンにいられるのが、このタイプなのです。最後に挙げられるのが、クローズドタイプのキッチンです。このタイプは、台所は自分の城だと考えるような人が、じっくりと台所での作業に集中したい場合や、台所を誰にも見られたくないと思っている人に向いていると言えるでしょう。